Inhuman Reaction -非人道的な反応-

Gaming Genius Cancer Gaming Tips

How to grovy fingering - グルーヴィーな手マンの仕方

ハァイ。私は、。AIに仕事を奪われたインド人です。

皆さんお元気ですカ!!??、、、マツヤ元気!!!

というわけで本日は、グルーヴィーな手マンのやり方を紹介したいと思います。

これで世の中の女性はあなたの虜になるでしょう。

 

謝辞 - まえがきに変えて

2018年6月14日に自宅で、エミリとセックスをしたあと、私は最も効率的な世界に通用するグルーヴィーな手マンに関する一般向けの書物を書きたくなった。

この書物を書くまでに出会った、Buddy Rich,Kato Taka,Art Blakey等偉大なる人々の影響から私のこの技術が生まれたと確信している。

もしこの出会いがなければ、私には何もできなかっただろう。心から感謝したい。

                         -AIに仕事を奪われたインド人

 

第1章、私たちの手マン像

私たちは中学生の頃、お母さんにはFC2無料動画でペットの動画を見ていると見せかけて18禁タグをクリックし無料アダルトヴィデオを閲覧し少し重くなったティッシュのゴミの山を部屋の一角に積み上げてきた。

アナルに溶かした卵を流し込み女優をM字開脚で持ち上げ作った卵焼きを食べるAV、泥酔した白と紫の服を着た女性を公衆トイレでレイプし中だしするAV、潮吹きと検索し違法アップロードされた紅音ほたるのAVの映像は未だに海馬に鮮明に刻まれている。

しかし、このような経験の弊害として多くの男性が大学生になり気付く問題がある。

 

そう、ガシャ手マン問題だ。

 

私はこの問題を日本の義務教育に関する社会的な問題と捉えている。中指と薬指でするガシャガシャ手マンは痛いので、読者の皆さんは今すぐ辞めよう。

基本的な手マンのマナーはこうだ。

1、爪を切り膣を引っ掻かないようにする。

2、人差し指と中指を使う。

3、ソフトなタッチで行う。

以上の3つを覚えるだけで、飛躍的な進歩を遂げるので、読者は今すぐ爪の手入れを始めよう。

基本的な手マンのやり方がこちらになる。

www.youtube.com

 

 

第2章、女性器の構造

まずはこの画像をご覧ください。

f:id:rbktank:20180615062757p:plain

ご存知の通り、女性器にはクリトリスGスポット(恥骨裏の膣)、ポルチオ(子宮口)が存在します。もう既に履修済みの学生が多い事でしょうが、それぞれの部位の開発方法を知らない方は今すぐGoogleで検索し学んでください。この基礎知識がなければ、グルーヴィーな手マン技術を獲得する事は不可能です。

 

次に、こちら。

f:id:rbktank:20180615063325g:plain

基本的に、ハイハット、スネア、バスドラムの3つだけでグルーヴィーなリズムを刻むことが出来ます。

 

個体別に、それぞれの部位の感度は変化します。そして、本来私たちはその感度の高い順に個別に適用すべきですが・・・ここでは複雑になる事が予想されるので、

ハイハット     =  クリトリス

・スネア    = Gスポット

バスドラム  = ポルチオ

と変換し考えます。

つまり、この置き換えた箇所を叩く事により、グルーヴは生まれ、最終的に赤ちゃんが生まれるという事です。

 

第3章、How to Grovy Fingering

上記の基礎知識を踏まえやっと説明に至る。

左手は、クリトリス

右手は、手マン。

www.youtube.com

机を叩いてる時がポルチオ、指の弾いた音がGスポット、それ以外がノーマルな手マン。ゆっくりなテンポで叩いた。

初心者向けはこちら

www.youtube.com両手を組み合わせるとこういった感じのリズムになる。

リズムの乱れは、iPhoneを抑えていた事や大至急撮影した為なのでご了承ください。

www.youtube.com

 

 

あとがき、セックス=セッション

西洋音楽では、音の要素は、リズム、メロディー、ハーモニーの三要素体なると考えらえれている。

つまり、最高のオーガズムに達するにはこの3要素を忠実に守る必要がある。

メロディーは女性の喘ぎ声。ハーモニーはコード進行(前戯、セックス体位、後戯)、特にリズムは身体を動かす事と関連している。

セックスには感情を増幅させる働きがある。たとえばPornhub,FC2無料アダルトビデオなどで、見せ場に効果的に観客の勃起を誘ったり、あるいは特定シチュエーションを挟むことにより観客の背徳感を煽る、といったものである。

そして、我々が中でも技術を磨く必要があるのはリズムである。